サーバー

ご注文画面へ

仮想サーバー

高性能な仮想サーバーをご活用ください

クラウドは、モノではありません。同様に仮想サーバーは、どれも同じではありません。どの仮想クラウド・サーバーも、速やかなデプロイメント、柔軟なスケーラビリティー、従量制の請求方式があることが期待されています。

SoftLayer の仮想サーバーはそれらの期待をはるかに上回っています。弊社の仮想サーバーは、高水準のカスタマイズ、透明性、予測可能性を備え、SoftLayer のベア・メタル・サーバーとシームレスに統合しています。



必要な仮想サーバーを構築

お客様のニーズに合った仮想サーバーの構築を開始するには、スライダーを使用してください。時間単位または月単位の請求を選択します。次に、厳密に必要な内容になるように詳細を構成します。ストレージを追加して、オペレーティング・システムを選択し、コントロール・パネル、ファイアウォール、モニターなどを追加します。

コア
RAM
ストレージ
1 コア
1 コア
1GB
25GB
25GB
*プライマリー・ディスク。さらに構成を行う際に他のディスクを追加できます。
パブリック・ノード
プライベート・ノード

SAN ストレージ
ローカル・ストレージ
時間単位で注文
$0.040/時間
月単位で注文
$27.60/月 1
この構成は使用できません
1 仮想サーバーを月額で注文すると、追加コストなしでアウトバウンド・パブリック帯域 250GB をご利用いただけます。


柔軟性

マルチテナントかシングルテナントか、ローカル・ストレージか SAN ストレージか、時間単位か月単位かであっても、完全に統合できます。

パフォーマンス

お客様のクラウド・サーバーについて、コンピューティング・コア、RAM、ストレージの構成をカスタマイズできます。

透明性

仮想サーバーの正確なロケーション、ストレージ・スキーマ、運用コストを表示したり、追跡したりできます。


使用するサーバー環境を制御します

パブリック・ノードおよびプライベート・ノードの仮想サーバー

SoftLayer の仮想サーバーは、パブリック・クラウドのパブリック・ノードまたはプライベート・ノードで使用可能です。マルチテナント環境に適したワークロードの場合は、パブリック・ノードの仮想サーバーをデプロイできます。または、プライベート・ノードを選択することもできます。そうすると、仮想サーバーはお客様に専用のホスト・サーバーにデプロイされ、お客様のニーズが拡大したときにそのノードのすべてのハードウェア・リソースを消費できます。

1 つのストレージ計画がすべてに適合するわけではありません

ローカル・ストレージと SAN ストレージ、ポータブル・ストレージ・ボリューム

SoftLayer の仮想サーバーは、ローカル・ディスクまたはストレージ・エリア・ネットワーク (SAN) に基づくプライマリー・ストレージと、さらにセカンダリー・ストレージとしてのポータブル・ストレージ・ボリュームを使用してデプロイできます。お客様のアプリケーションが、さらに大きいディスク入出力、回復力、長期の柔軟性のいずれを必要としようとも、仮想サーバーのストレージをそのアプリケーションにマッチさせることができます。

SSD ローカル・ストレージが使用可能

高性能 SSD ローカル・ストレージの利点

ピーク・ストレージ・パフォーマンスを提供するために、SoftLayer は 2014 年に仮想サーバーのホスト・ノードにソリッド・ステート・ドライブのインストールを開始しました。この移行より後にオープンしたデータ・センターのローカル・ディスク・ストレージとともに注文されたすべての仮想サーバーは、SSD リソースで追加料金なしでプロビジョンされます。これらの施設には、AMS03、CHE01、DAL08、DAL09、FRA02、LON02、MEL01、MEX01、MIL01、MON01、PAR01、SAO01、SJC03、SYD01、TOK02、TOR01、WDC03、WDC04 が含まれます。それ以外のすべての SoftLayer 施設で注文された仮想サーバーは、SSD 上またはスピニング・ディスク上でプロビジョンされます。

組み込まれる機能とサービス

すべての仮想サーバーには、機能とサービスの包括的なセットが付帯しています。これは業界でもトップ・クラスです。これらの機能は、追加コストなしで含まれており、デプロイメント時間を短縮し、総運用コストを最適化できます。